スギアワーのある時間


西粟倉村にいる「スギダラメンバー」の活動を報告
by sugihour

働きスギないでね★

みなさん、はじめまして。
西粟倉歴1年半の松島優子といいます。

生まれも育ちも神奈川県ですが
昨年2月に衝撃的な出会いに恵まれ、

残りわずがな20代をめいっぱい青春してやろうじゃないか!
好きなこと、面白そうなこと、やれる時にやってみようじゃないか!

という決意のもと、あっという間にここ西粟倉で働くことになりました。

それまでは大好きな森林の仕事でありつつも、
何か悶々としたものを抱えながら、県の森林行政に携わっていました。

毎日、迷ったり泣いたり笑ったり地団駄踏んだり、また迷ったり…。

そうこうしているうちに、いつの間にか
もっと現場が知りたい。
森と暮してきた地域の方の顔がみたい。
その人たちに喜ばれる森づくりがしたい。

そういう思いが膨らんでいたようです。

西粟倉に出会った時には、まさに「時機が来た」という状態で。
それまで全く動けないでいた自分がウソのように、ひょこっと新たな一歩を踏み出したのでした。

これまで出会ったすべての出来事、すべての人、
そして、ここで迎えてくださった多くの方々のあっての一歩だったと信じています。


つづく…。


という話ばかりしていても進まないので。

要するに、好きなことであれば、結構、恐いもの知らずな女子だということです
(まだ女子と言わせてください)。独身女子の初Iターンです。
ここへ来るまで自分が「Iターン」と呼ばれる日が来るなんて思いもしませんでした。人生って不思議。

今は何をしているかといえば、中心は「100年の森林づくり」です。
役場にて、森林所有者さんへの集団間伐のお誘いや、よりよい森林づくりの検討、
森林組合など地域のさまざまな組織とのやり取り、その他森林に関するあれやこれやを
事務と現場の両方から行っています。

この村が、スギダラ(&ヒノキダラ)であることをこれからもずっと誇れるように
今後もみんなと一緒にいろいろ挑戦していきたいです。

スギアワーにて、そんなヒントが見つかれば、なお嬉しいなと思っています。


しかし、みんなここの人たちは働きスギですよ。ほんとうに。
体を壊さないように楽しくやっていきましょうね。

わたくし、微力ながら、ワーク・ライフ・バランス、考えてやっていきたいと思っています。
心の元気は、普段の生活に支えられていて、心の元気が仕事の元気につながるからです。
そのまた逆も然り。

田舎生活=スローではありません。
そして誰にでもスローが必要とは限らないと思います。

基本的にのんびりしている私にとっては、時にスローが必要です。
ただし、それが楽しいこと、元気の源だからスローになるんです。

そんなわけで、仕事に関わらず普段の楽しいことも、ここで時折紹介していきたいと思います。

…今日はしゃべりスギましたね。
それでは、また♪

*。本日の写真。*

先日初めて閑谷学校へ行きました。
とても珍しい楷(カイ)の木の紅葉が美しかったです。
実は、ここが最近マイブームの「論語」につながっていたことも判明し…良い休日でした。

b0194691_2314446.jpg

[PR]
# by sugihour | 2010-11-09 23:18 | ご挨拶

ユカハリアワー IN 靴のタツオカ

こんなイベントを発見しました!
行ってみてはどうですか?


『ユカハリアワー IN 靴のタツオカ』

*日時:2010年10月30、31日(随時見学可)
*場所:岡山県岡山市北区表町2丁目1-50

■床はり&お茶飲み話■
*30日(土) 15:00~16:00
*31日(日) 13:00~15:00
・岡山県の表町商店街にある「靴のタツオカ」様の店舗を大改装します!!

あわくら杉を西粟倉から若手大工職人の林さん、河野さんが施工する
現場を店外からご覧いただけます!
間近でなかなか見れないので、楽しみですね♪
床はり&お茶飲み話ではお施主様と大工さんのユカハリアワーなお話を聞けるんです!!
    
是非伺ってみてくださいね!!

*靴のタツオカHP→ http://shimonocho.omotecho.or.jp/shop/tatuoka/
b0194691_20293198.jpg


匿名希望
[PR]
# by sugihour | 2010-10-27 20:29 | お知らせ

さすらいのトビムシです

はじめまして。牧と申します。

西粟倉・森の学校という会社が現在の主たる勤め先です。

学生のときは、トビムシの研究をしていました。人知れず土の中でわさわさといる
トビムシがなんかアングラでかっこいい感じがしたものですから。

トビムシも楽しかったんですが、ムシばっかりやっていても世の中よくなるものでもなく、
大学から離れないとろくな人間にならないような気もしたので、会社勤めをしてみる
ことになり、それから12年ぐらいが経過しております。

会社勤めと言っても出張ばかりで、会社にはほとんど行かずに、
1年中旅に出ているような生活を続けておりました。
ほんとにたくさんの農山漁村でお世話になり、育てていただき、
今は西粟倉村でお世話になっております。

特に何をしたいということがなく、目の前にやってくる役割を全うしようともがくばかりです。

強いてやりたいことを言えば、「がんばっている人を応援すること」かな。

自分の手から何かを生みだしたり作ったりできるような力はないですし、これと言って
やりたいことがあるということもないですが、何かを成し遂げようととしている人の
役に立てることがあれば、自分もがんばってみようというタイプです。

西粟倉村には、がんばって何かに挑戦しようとする人たちがたくさんいるので、
とてもやりがいがあります。
西粟倉の森や木に関わる人達と、一緒に冒険をさせてもらっている感じですね。

スギダラ西粟倉支部のメンバーも面白い人ばっかりですし。

大変なことも嬉しいこともいっぱいあるこの冒険の旅がどこに行きつくか。
これはやってみなと分からないのですが、どうなろうと納得のいく旅にできるんじゃないかと
いう気がしています。
[PR]
# by sugihour | 2010-10-25 15:44 | ご挨拶

ニシアワーなスギアワーに魅せられて

はじめまして。井上達哉と申します。
書き込みが遅くなってしまいましてすみません。
これもまたスギアワーではないかと自分自身に言い聞かせています。


私は西粟倉・森の学校にて森と人とをつなぐ仕事をしています。
西粟倉産のスギやヒノキに付加価値(内装材など)をつけて都市部へ産地直送で届けています。
西粟倉村内での丸太の仕入れ、加工、販売まで一貫した木材流通の仕組みを完結すべく、美作森林組合、製材所のおっちゃん、大工さん、西粟倉村役場、そして大島支部長ととともに日々奔走して動きまくっています。



私が西粟倉村に移住して1年半になります。
広島県福山市出身で、縁もゆかりもない西粟倉村にどうして来たのか?とよく聞かれることがあります。
この話をすると長くなってしまうので...

要するにニシアワーなスギアワーに魅せられたんです!
西粟倉村には私のようにニシアワーなスギアワーに魅せられて移住する人、覗きに来る人が急増しています。

そして、つい先日、ニシアワーなスギアワーに魅せられた素敵な出会いがありました。
(言いたいだけです。すみません。)

b0194691_9451425.jpg

2,3日のスギダラツアー IN 西粟倉。

西粟倉支部が発足して数ヵ月、スギダラな先輩方との出会いは新鮮かつ刺激的で、2日間という短い時間の中で、スギアワーにふさわしい濃密な時間を過ごさせてもらえました。
西粟倉支部担当でソウルメイトのクラウチ君との再開を果たし、これからスギアワーのある時間をより価値あるコトへと盛り上げていけるよう楽しんでいきたいと思っています。
b0194691_9461534.jpg

これから産地直送らしく新鮮でニシアワーな情報を発信していきたいと思いますので、岡山県西粟倉村をよろしくお願い致します。
[PR]
# by sugihour | 2010-10-15 20:45 | ご挨拶

ひがしばばと申します。

どうも皆様こんにちは。杉ダラケ倶楽部会員ナンバー・・・・はまだ会員証を頂いてないので分かりませんが、一応会員ひがしばばです、ヨロスギお願いします。


現在西粟倉村で地域おこし協力隊として活動しています。主に山に生えている三椏を刈り取ってきて和紙にして、それを商品化して売り出すということに挑戦いたしております・・・主に。

この村にお世話になるまでは正直杉については

「行儀よく生えている木だな」

程度の関心しかありませんでした・・・というと言い杉ですが、ほぼ無知に近かったのです。

しかしここでの生活が始まり、山に関わる暮らしが始まると、知識として知っておいた方が良いと思うようになり、また村の重要な財産でもあり、何より身近でありますので、どんどん勉強しておきたいなと思っている今日この頃であります。皆様ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

b0194691_18273269.jpg

若杉天然林にて

b0194691_18291665.jpg

その山に自生している和紙の原料である三椏の皮を剥いで乾燥させているところです。
[PR]
# by sugihour | 2010-09-30 18:38 | ご挨拶

森林組合のコトとか。


(*゚▽゚)/ウイッス! おいら森林組合のしのっちってんだ。
大人も子供もおねーさんもヨロシクな!

誰も信じてくれないけど、これでも以前はIT会社でプランナーやってたんだ。
ホントだよ。嘘じゃないよ。


…マジだから!


本気だから!


俺、お前の事本気だから!





そんな心イケメン(?)な僕が西粟倉村の森林組合に来たワケは…





ウフフ…




そのお話は…

また、こ・ん・ど☆ (*´∀`)σ)´Д`;)プニ ←大島支部長





いや~楽しいですなぁ、西粟倉村は!
何が楽しいって僕の大好きな動物たちが、ホント間近でたくさん見れるんです(*´ω`*)
森林組合でお仕事していると特に!


キツネにタヌキにイノシシに。

シカさんなんてこの前、
住んでる家の裏の畑の網に掛かってたんだからぁ(´Д⊂グスン
b0194691_21531828.jpg




今の時期は山の中でよくマムシを見ますね。ええ。マムシ(毒蛇)です。


この前はとぐろ巻いて威嚇しているマムシを見つけたので、
木の枝でツンツンしてやりました( ^▽^)σ―― @ ←マムシ

b0194691_2155064.jpg


(※興奮してマムシの写真を撮り忘れたので、とりあえず道路で見つけたシマヘビをup)




あとで組合にいる造林班の課長でマムシ捕りの名人、
通称「マムシの晴(はる)」(55歳)に「ツンツン」のお話を得意気に語ると、





ばかも~ん!(#`皿´) あいつらは1m以上も飛び掛かってきて噛み付くんやど!手ぇ出したらアカンのや!!!」






( ´_ゝ`)・・・




((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル





おもむろに懐からマムシの薫製を取り出す「マムシの晴」。





「まぁ…、お前もコレ喰え…。美味いど( ̄ー ̄メ)ニヤリ」


は、はぁ…




( ̄~ ̄ ;)モグモグ…







・・・(゚Д゚ )







…先生……マズイです…orz











ハイ!

というワケで今回はココまで!\(^o^)/


・・・


え!?
スギダラ会員なのに、「スギ」について語って無いって!?





ウフフ…





それは、

次回を お・た・の・し・み・に☆


ネ!(*´∀`)σ)-"-;)プルプル ←大島支部長

                              美作森林組合 西粟倉事業所 篠原孝宏
[PR]
# by sugihour | 2010-09-21 22:04 | ご挨拶

はじめましてのごあいさつ

b0194691_2183520.jpg


はじめまして。スギダラ岡山県西粟倉村の支部長大島さんよりブログのバトンを受け継ぎました。(株)西粟倉・森の学校にて、ツアー・体験プログラムの企画・運営や農産物販売を担当している坂田と申します。


この度、10月2-3日に日本全国スギダラケ倶楽部の方々が西粟倉にご来村頂ける「杉と温泉ぐるぐる計画」/ 西粟倉支部の企画・案内も担当させて頂きます。


当日は、ブナを中心とする原生林若杉原生林散策、百年を越える杉の森林(百年の森林/写真)や伐採現場の見学、森の学校の木材加工工場の見学、坂根工舎の見学、支部長で木工作家大島さんによるスギを使ってのお箸づくりなどを行います。


西粟倉は、小さな村で少ない移動で山から伐り出された木が一つの製品になるまでの現場を村内で見て回ることができるのが特徴です。


私自身、昨年の2月に友人と西粟倉の取組みを見に来させて頂いて、村をあげて、村の資源(自然、技術、人など)を活かしていこうとしている西粟倉に興味をもち、何回か来ているうちに就職することになり、今は逆に案内などをさせて頂いております。


ここで、各箇所を詳しく説明は、次回以降詳しく書いていけたらと考えています。

みなさんにもぜひ西粟倉で見て頂ければと思っております。



(株)西粟倉・森の学校
http://nishihour.jp/
坂田憲治
[PR]
# by sugihour | 2010-09-13 21:23 | ご挨拶

西粟倉にスギダラ支部ができました!名前は「スギアワー」よろしくね!

b0194691_21165153.jpg


はじめまして、岡山県の西粟倉というところで、木工職人をしている大島正幸といいます。会員番号は、ギリギリ3桁の975番です。栃木県出身。田んぼと森ダラケの環境で育ち、大工だった祖父の影響もあってか、木工職人を目指します。大学卒業後、岐阜県の高山市で約7年、木工に従事してきましたが、去年、独立し個人工房を構えました。日頃は広葉樹も使います。

そしてこの度、縁あって、岡山県西粟倉村の支部長をさせて頂く事になりました。
支部名は「スギアワー」に決定!

西粟倉村は、鳥取県と兵庫県の境に隣接する人口約1600人の小さな「村」。平成の大合併の際に、合併せずに「自立」の道を選択した村です。
村の95%が森林で、夜になると人よりも鹿に出会う確率が高い「モリダラケ」の村。若杉原生林という先日コダマが出たらしい天然林も残されていますが、ほとんどはスギ・ヒノキの人工林です。かつては、林業を始め、タタラや紙すきなど森と繋がった暮らしが成り立っていましたが、近年の木材事情の厳しさと共に、村の林業も衰退、荒れた山も見られるようになりました。

このままではいけないと、この村で生まれたのが「100年の森構想」。
 村の山は、スギダラケ・ヒノキダラケ…。これは重荷なんかじゃない、財産だ!
お爺さんたちがこれまで50年育ててくれた山を、ここで諦めない。もう50年がんばって、次の世代には豊かな山と、暮らしを残そう。目指すのは限りある自然の恵みを大切な人たちと分かち合う上質な田舎づくり!
 具体的には、小口所有化、所有者の高齢化で管理が難しくなっているバラバラの山をまとめて、一括管理・運営をしたり、村内で製品化まで行えるようにするといったプロジェクトが進んでいます。
詳しくはこちらhttp://nishiawakura-fan.jp/

あともう50年挑戦を続けると決めた村は、積極的に熱い人間を村に受け入れていきます。集まったIターン、Uターン者は家族も含め約40名。
森林組合・販売・製作…、様々な現場で、この地の木を活かしたいと奮闘し始めています。一緒に飲めば、熱い話ばかり出る飲み会が、よく行われます。

私もその中の一人。これからも、頑張っていきますのでよろしくお願いします!

とええカッコで終わりたいところなのですが、若杉さんにいやいや、書かなきゃいけないことがあるでしょう「人質大島くん」と原稿を戻されてしまいました。「人質」なぜこんな呼ばれ方をしているかを説明するには、2人の人物を紹介しなければなりません。

一人目は「株式会社西粟倉 森の学校」の代表の牧大介さん。牧さんは、先日西粟倉で行われた若杉さんの講演の立役者です。(セミナーの詳細はこちらhttp://sugidarake.exblog.jp/page/2/)
西粟倉・森の学校 http://nishihour.jp/森の学校のことは改めて詳しくご紹介します。

そしてもう一人が、スギダラ西粟倉支部「スギアワー」発足直後に裏番長に就任した、会員番号192番の深井。実は私の彼女で、木造建築の設計を志しています。
先月号で特集のあった木匠塾の卒業生で、杉コレクション2007 in 都城の入賞者である与語一哉さん(http://miyadara.exblog.jp/6707137/)の同窓生です。

付き合い始めた頃、彼女の車の鍵に付いた、キーホルダーにしては大きな杉の角材(後にこれがスギダラの会員証と知る)を自慢され、「失くしにくそうだね」としか言えなかったら、「スギを馬鹿にするな!」と言われ……、私に気を許したきっかけは、「ナグモノガタリ」が本棚にあったからだと断言する女の子です。

そんな彼女と森の学校の牧さんとは、僕より長い、大学生からの付き合いで、出会いは「林業塾」というセミナーだったというマニアックな関係。実は、私が西粟倉に来ることになったのは、彼女と牧さんの取引のおかげ?なのです。

私がまだ高山に勤めていたころのある日、西粟倉の牧さんから彼女に一本の電話が入ります。「面白いこと始めましたから、一度見に来ませんか。」温泉があるらしいよ、という話にそそのかされ、私は運転手として同行しました。
100年の森構想や村を案内して下さったその晩のこと、

牧さん「……興味有りませんか?」
彼女「あります。でも、私にはまだもう少し修業期間が必要です。必ず来ますから、とりあえず隣に座って美味しそうにコーラを飲んでいる男を人質として置いていきます。使ってみてください。必ず、力になりますから」
私「えっ、じゃあよろしくお願い致します」

私は、無垢の木で家具や小物をつくる職人として働いていたのですが、お客様と直接話す機会もありました。大事な材料で、手作業で誠実に作ったモノ。私は心から、そういったものが好きなのですが、相手に伝えたいことが、うまく伝えられない。考えた結果、私自身がもっと山に近づいて、生きた木が家具になる事を理解しよう、それから、もっとお客様に近づいて話をしようと思っていたところでした。

それから、とんとん拍子に話が進み、今に至ります。スギやヒノキを使った家具も、幾つか制作しましたが、これはまたの機会にご紹介します。
ゆるりと、でも熱く中国地方を盛り上げていきますので、皆さんどうぞよろしくお願いします!

大島 正幸
木工房ようび http://youbi.me/


大島正幸
[PR]
# by sugihour | 2010-09-05 21:17 | ご挨拶


カテゴリ
全体
お知らせ
ご挨拶
道具
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
【天草支部支部長さんよりスタ..
at 2012-02-09 11:46
冬から春へ
at 2011-04-05 23:27
西粟倉発 新しい出逢いのカタ..
at 2011-03-09 12:19
揺れスギ
at 2011-01-30 10:14
さよなら2010年てな感じで..
at 2010-12-29 23:53
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧