スギアワーのある時間


西粟倉村にいる「スギダラメンバー」の活動を報告
by sugihour

オモシロスギ ネタを知りました(大島正幸)

b0194691_1759071.jpg

こんにちは。家具職人をしています大島です。
今日は、日々の制作の中で知ったオモシロスギネタを書きたいと思います
写真は、総木組み作りの杉の伸縮テーブル「felice Table(フェリーステーブル)」です
この杉は、隣町の智頭の杉なのですが、
緻密に積んだ冬目と赤身の色彩が素敵なスギです。
この前に、このテーブルを制作中に、今回のスギネタに出会いました
削っているスギの中に、山吹色のスギが混じっていました、
板目を見ると、一件松のようにも見えます
これは??
削ってみると、ヤニが多く、削りたては握る手がべたつく感じ、
これは、スギか?‥‥スギのようだ
気になって聞いてみると、智頭町は鳥取県の東部なのですが、
西部のスギには、山吹色で油分の多いスギが有るそうです
スギは鉋で削ると、独特の艶やかさが現れるのが好きなのですが、
このアカスギとヤマブキスギも違った艶やかさが面白い
どうも、育った土壌によるものでは?という事でした
きっと、出来た物の将来の魅力も違うはず
何年先か、何十年先か分かりませんが、その魅力の違いを見てみたい
また、先の楽しスギな事が増えました
by sugihour | 2010-12-10 18:13
<< クリスマスイヴには共有の森ファンド はじめまして、スギゾーです。 >>